地産・地消 / トレーサビリティ

エコ内子認証制度

内子町では堆肥による土づくりを基本とし、化学肥料及び化学合成農薬を、内子町栽培基準の5割以上(国のガイドラインによるもの)又は3割以上(内子町の独自基準)削減して栽培した農産物を「エコ内子(内子町特別栽培農産物)」として、内子町が認証するものです。

つまり・・・

エコ内子のシールが貼ってあるものは、より安心・安全な野菜ということです。

イメージ図:エコ内子認証制度

内子町は「キラリと光るエコロジータウン・内子」をキャッチフレーズとしていて、エコには内子町全体で取り組んでいます。農産物においては、堆肥による土づくりを基本とし、化学肥料及び化学合成農薬を、内子町栽培基準の5割以上(国のガイドラインによるもの)又は3割以上(内子町の独自基準)削減して栽培した農産物を「内子町特別栽培農産物」として認証しています。

農家は「エコうちこ」認証の基準をクリアするため、基本である土づくりはもちろん、化学合成農薬を減らす代わりに虫の侵入を防ぐ防虫ネットやシートを利用したり、対抗植物などを活用しています。

  • リンク:トレーサビリティ
  • リンク:エコ認証
  • リンク:資源循環型農業
  • リンク:内子フレッシュパークからり公式アプリ
Copyright © 2014 Uchiko Fresh Park KaRaRi All Rights Reserved.
ページトップへ